全国旅行支援はめんどくさい?超簡単お得なサービスの使い方徹底ガイド!

スポンサーリンク
トレンド

全国旅行支援はめんどくさい?と思う人に、全国旅行支援はめんどくさい?超簡単お得なサービスの使い方徹底ガイド!という記事を書きます。

意外と知らない方も多い、全国旅行支援サービスですが、大好評につき2023年1月10日から再開すとのことです。

今回は、値引き率の変更があったことや、予算がなくなり次第終了ということなので、情報収集をしながらお得に利用しましょう!

斎藤鉄夫国交大臣が、この支援策の特徴として、値引き率が20%引き上げになりますが長期的対策をしたいと言っていましたので期待ですよね。

今記事では、全国旅行支援はめんどくさい?が解消されるように詳しく記載していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

全国旅行支援の概要の紹介

全国旅行支援はめんどくさい?

この全国旅行支援は2023年1月10日の宿泊分からが対象となるので注意が必要です。

実施時期をめぐって年内は12月27日の宿泊分までとなっています。

斉藤国土交通大臣が対象期間開始は、観光需要が集中する年末年始を対象から外したと、言われていました。

全国旅行支援の期間は、都道府県の予算がなくなり次第、順次終了するということですが、各地で観光の閑散期となる来年3月までは実施できる見通しのようです。

対象者は、日本に居住する旅行者ひとつの旅程については7泊までとなります。

2023年12月27日まで 2023年1月10日~
割引率 40 20
国内ツアー 上限 8000 上限 5000
日帰り旅行・宿泊 上限 5000 上限 3000
地域クーポン 平日 3000 2000
(休日変更なし) 休日 1000円 1000円

※土産物店などに使えるクーポン券は原則、電子クーポンとして配布されます。

国内旅行は前の年よりも16.7%多い2100万人で、感染拡大前である3年前の71.8%まで回復すると予想されています。

また、別件ですが、12月23日から1月3日までの期間に1泊以上の旅行をする人は、のべ2115万人という数字が出ています。

コロナ禍でなかなか旅行に行けなかったですが、このようなサービスがあったら利用してみようかな!という気になりますよね。

全国旅行支援の利用の際に気を付けること3選紹介

安く旅行に行けることでメリットもたくさんある、全国旅行支援ですが、意外と知らないどっちなんだろう?という疑問を3つまとめてご紹介します。

全国旅行支援の利用の際に気を付けるポイントを抑えておくと、誰かにも教えてあげれるのでぜひ読んでみてください!

割引の対象は、ワクチン接種歴や検査結果が必要

各都道府県の規程によって、チェックイン時に宿泊者全員の3回ワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明の提示が必要になっています。

万が一、上記の証明書が提示できない場合は割引の対象外になりますので忘れずに持っていきましょう!

12歳未満の利用者は、ワクチン接種証明書予防接種済証等または検査結果通知書基本的に不要です。

今、流行りのマイナンバーカードをアプリに登録していると、ワクチンの接種歴が携帯から簡単に確認できて便利になりますよ!

 

本人確認、居住地が 確認できるものが必要

割引対象になるためには、チェックイン時に宿泊者全員の本人確認・居住地確認が行われますので事前に準備、持参しなければいけません。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 海技免状等国家資格を有することを証明する書類
  • 障害者手帳等福祉手帳
  • 船員手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 国または地方公共団体の機関が発行した身分証明書 など

子供や乳幼児の全国旅行支援の適用条件は?

こちらの制度を利用する時にお子さまが居る方は子供や乳幼児の全子供は基本的に1人とカウントします。

なお、乳児のように添い寝・交通機関など無料の場合、最低利用金額を超えなければ、適用されないとのこと。

各都道府県で内容が異なることもあるので、予約する前に、各都道府県のホームページにて詳細をご確認ください。

全国旅行支援で子供・乳幼児(添い寝)も割引・クーポン配布対象となりますのでお得に利用してくださいね!

 

全国旅行支援はめんどくさい?申請方法はどうするの?

全国旅行支援はめんどくさい

全国旅行支援はめんどくさい?と思われがちですが、面倒なのは証明書の発行くらいであとの手続きは簡単です。

まず、旅行会社やOTA(Online Travel Agen:インターネット上だけで取引を行う旅行会社)のホームページ、宿泊施設のサイト、旅行会社の店頭などで旅行商品を予約します。

チェックイン当日、宿泊施設のフロントにて本人確認書類、3回ワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明を提示しましょう。

電子クーポンを配布されるので、全国旅行支援に参加した売店や対象の公共交通機関などで割引券として利用可能という流れになっています。

電子クーポンの受け取りについては、事前に各都道府県のホームページで確認しておくとスムーズに対応できるのでおすすめですよ!

全国旅行支援は複数回の旅行に対応できるけどめんどくさい?

全国旅行支援は、使い切った都道府県から終了となることから終了になりますが、予算の限りは、複数回の旅行に対応できます!

申請方法も上記の通常方法と変わりはなく、何度でも繰り返し利用できるのが最大の魅力になっています。

旅行に行くたびに、陰性証明書の発行が少しめんどくさいですが、予算の限りはお得に何度も楽しめるのでそこ目をつぶりましょう。

こちらの割引を何度も利用して旅行しようという方は、新型コロナウイルス予防のワクチンを3回接種すれば、ワクチン接種証明書でいいので、手間なくキャンペーンを利用できますよ!

全国旅行支援で安くお得に旅をするのは最高におすすめ!

全国旅行支援 めんどくさい

今まで旅行やお出かけを我慢していた人は、この際におでかけすることをおすすめします。

全国旅行支援はいつまで続く経済対策なのかは不明です。

安くお得に旅をするのは最高におすすめなので、早めに予約をしてお出かけをしてはいかがですか?

しかも、日帰りの近距離旅行でもしっかり対応されているので気軽におデカ絵ができますよね!



全国旅行支援はめんどくさい?まとめ

全国旅行支援はめんどくさい?と思う人に、全国旅行支援はめんどくさい?超簡単お得なサービスの使い方徹底ガイド!という記事を書きました。

大好評、全国旅行支援ですが次年度も引き続き行われということなので旅行に行こうと悩んでいる方はぜひ、この際にこのサービスを利用しましょう!

また、全国旅行支援を利用するのはめんどうくさいのではないか?と疑問を持った方も安心してください。

日本に居住している方は、誰でも超簡単にお得なサービスを受けることができますよ!

ただ、ひとつだけめんどくさいことは、チェックイン時に宿泊者全員の3回ワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明の提示が必要ということです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

トレンド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nashichanをフォローする
スポンサーリンク
梨ちゃんの公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました