お月見の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!

年間行事


お月見の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!この記事について、お月見の由来を子供に伝えるのが難しい原因は行事の意味を理解していないからです。そして大人になると行事の由来を学ぶ機会なんてありませんよね。

保育施設または学校で子供は学んできますが由来まで理解できているお子様は少ないのではないでしょうか?たとえば、貴方がお子様から質問されたら正しく教えてあげられますか?

1年で最も月が美しく光輝くのは、旧暦の8月15日です(2022年9月10日)。この日の満月のことを”中秋の名月”と呼び、”十五夜”が一般に広く普及しています。毎年、お月見を楽しんでいるご家庭は多いことと思います。

  • 月を見ながら団子を食べる日?
  • ウサギが月で餅つきしている日?
  • ススキを飾る日?
  • 歌をうたってお祝いする日?

お月見の由来を子供に要約して伝えれるように、お月見の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!記事をまとめてみました。

 

お月見 由来 子供向け 満月

 

お月見の由来をサクッと学ぶ

まず最初に、お月見の歴史を簡単に学ぶことで子供に分かりやすく説明ができるようになると思います。ただし、この記事は簡易的にまとめているので興味を持った方は図書館で絵本を借りて勉強するもしくは購入することも良いと思います。

 

平安時代のお月見の背景

平安時代の貴族の間で、瞬く間に流行したとされています。また、紫式部の書いた平安時代の物語『源氏物語』にも「月の宴(えん)」という、沢山の人々が集まって食事を楽しんだり楽器を演奏している姿が記されています。しかし、当時のお月見は今とは全然違います。お酒を楽しみながら、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流でした。とてもお洒落でロマンチックに楽しんでたようです。

 

江戸時代からのお月見の背景

江戸時代には、この時期が十五夜の時期で稲の収穫が始まる時期でもあります。このことから、十五夜は秋の収穫を喜び感謝する日とされてきました。収穫の喜びを人々と分かち合いながらお月見をするようになっていきました。水面に映った月を見ながら楽しんでいたものが徐々に直接月を眺めながらお月見を楽しんでいきました。

 

行事で使われたアイテムとは?

次にお月見を楽しむ際の必須アイテムについて学んでいきます。このポイントを抑えることで子供のなぜ?に答えることが出来ると思います。

”お月見団子を食べる理由”と”お月見にススキを飾る理由”についてお伝えします。

 

お月見団子を食べる理由

一年の豊作を神様に伝える為に、満月に見立てた団子を作り神様に感謝の気持ちを伝えたのが語源と言われています。そして、現代は気持ちを込めて作ったそのお団子を綺麗な月を見上げながら食べるという習慣が後にできたそうです。

綺麗な満月は当時縁起物だと言われ、現在も丸いお団子を食べることで、健康で幸せな日々を手に入れることができると考えられています。

昔は手作りだったかもしれませんが、現代はシーズンに”お月見団子”がスイーツに変化し、商店やコンビニでも手軽に買えるようになりました。

 

簡単に家庭で作れるので、子供と一緒に作りながらお月見の由来などを話してみてください(^^♪

 

お月見にススキを飾る理由

ススキは、作物や子孫の繁栄を見守ってくれるという縁起物の植物として昔から重宝されていました。神様を呼ぶ依り代(よりしろ)は稲穂のことです。しかし、稲穂の収穫時は秋なので、代用品を探したとされています。その時期に咲く植物でススキが候補に挙がりました。

いえば依り代というのは精霊がよりつく場所やモノのことです。お月見を楽しむ際に、神様にお供えしたススキを玄関の軒先もしくは縁台に飾ると、その一年の無病息災につながると言われました。

ススキは1本、3本、5本など奇数飾ると良いといわれます。お月見が終わった後でもススキは捨てずに軒や畑に飾る地域もあります。

お月見とウサギの関係性は?

 

最後にお月見になぜ“ウサギ”が今でも主流になっているのかひも解いていきましょう。もしかしたら、貴方も疑問に感じたことがあるかもしれません。

ウサギが餅をついている説は、インドから伝わった月のうさぎの伝説からです。日本版にアレンジされたものが、今昔物語に記され、童話にもなっています。

ウサギとキツネとサルが一緒に仲良く生活していました。そこに帝釈天(タイシャクテン)が老人がの姿に変身して現れました。その3匹に「自分を養ってほしい」という課題を出しました。すると、サルとキツネは老人の為に食べ物を見つけました。一方、ウサギだけ食べ物を見つけ出すことができませんでした。そこでウサギは懸命に考え、自分の身を火の中に投げ自分自身を提供しました。つまり、自分の命をかけてでも奉仕したかったみたいです。帝釈天は老人から自分の姿に戻り、ウサギを哀れみました。ちなみに月にウサギを写し、そして皆がウサギを忘れないようにしている説があります。

それはさておき、今も帝釈天に”月でウサギがお餅をついて食べ物を作っている”という絵本も多々ありました。

引用:https://youtu.be/TS3TmNortf4

まとめ

子供にとってイベントとは非日常を感じる贅沢な時間だと思います。さらに、お子様に由来を聞かれてもサクッと答えられたらかっこいいですよね!では、今回お伝えしたことをまとめます!

  1. お月見の由来を簡単に説明する
  2. お月見団子とお月見にススキを飾る理由を簡単に説明する
  3. お月見とウサギの関係性を簡単に説明する

この3つのポイントを押さえることが最も大事です。すると自然に子供向けにお月見の由来を要約して伝えることができます。

ちなみに動画を子供と一緒に視聴することをオススメします。なぜならより一層お月見についての理解が深まるからです。お月見の由来を子供向けに要約して簡単に伝えてみてはいかがでしょう。

年間行事の記事で七夕もあるので一緒に学んでみませんか??↓↓

七夕の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!

コメント

タイトルとURLをコピーしました