トリックオアトリートの由来は?その合言葉・お菓子を徹底解説

年間行事

トリックオアトリートの由来が気になる人に、トリックオアトリートの由来は?その合言葉・意味・語源など徹底解説という記事を書きます。

トリックオアトリートの由来は、収穫期の終わりを祝って10月31日に古代アイルランドのケルト人が行っていた特別なお祭りからきています。

そして、トリックオアトリートの合言葉は、お菓子をくれないといたずらするぞ!という意味です。

自らも怪物やおばけなど不気味な仮装をすることで、身を隠していたと言われています。

そして、トリックオアトリートの語源は中世にお祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を真似た名残からきています。

では、トリックオアトリートについて詳しく見ていきましょう!

トリックオアトリートの由来は?

トリックオアトリート 由来

ハロウィンは、収穫期の終わりを祝って10月31日に古代アイルランドのケルト人が行っていた特別なお祭りから来ています。

サウィンは(Samhain)「夏の終わり」を意味し、秋の収穫を祝うとともに、悪霊を追い払う宗教的な行事として、毎年行われていました。

ケルトの暦では、10月31日は1年の終わりの日であり、死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日と信じられています。

悪霊が、人間に乗り移らないように火を焚いたり仮面を着けたりして身を守ったといわれています。

そこで、仮装した子どもたちが、お祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を真似た名残トリックオアトリートと言いながら近所を練り歩きました。

トリックオアトリートの合言葉は?

トリックオアトリート由来

トリックオアトリートの合言葉は、お菓子をくれないといたずらするぞ!という意味です。

現在、子どもだけでなく大人もハロウィンを楽しむために、10月31日に学校や職場でお菓子交換をしたり、お菓子パーティーをしたり楽しんでいます。

本来の意味も深く知らず、お菓子を食べるための挨拶と思っている人も多いのではないでしょうか?

でも本来は、ハロウィンの日に子どもたちが仮装をし、トリックオアトリートと言いながらお菓子をちょうだいと近所を練り歩くということです!

合言葉を味方に、地域によっては、ご近所に協力してもらいながらリアルなハロウィンを楽しんでいるところもあるそう。

なぜトリックオアトリートでお菓子を配るのか?

トリックオアトリート由来

これには諸説ありますが、死者の魂が家族のもとへ帰ったときに、ハロウィンの夜に悪霊たちが家に入ってこないように、お菓子を渡して「元の世界にお帰りください」とお願いする意味もあったそうです。

今はチョコレートやキャンディなどを配っていますが、昔はカボチャで作ったお菓子だったという説もあります。

また、死者のための儀式に使うケーキをソウル・ケーキ(Soul Cake)といい、ケーキに十字架をナイフで切り込みをいれて再現したものを用意し、配っていたという説もあります。

ソウル・ケーキは、亡くなった方へのお供え物であり、ケーキの上の、十字架は子どもや貧しい人に分け与えるものを意味しているそうです。

トリックオアトリートの由来まとめ

トリックオアトリートの由来が気になる人に、トリックオアトリートの由来は?その合言葉・意味・語源など徹底解説という記事を書きました。

トリックオアトリートの由来は、収穫期の終わりを祝って10月31日に古代アイルランドのケルト人が行っていた特別なお祭りからきています。

トリックオアトリートの合言葉は、お菓子をくれないといたずらするぞ!という意味で子どもたちが仮装をして近所を回ります。

お祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を真似た名残ではないかといわれています。

最近のハロウィンはカジュアルにたくさんの人が仮装をして楽しみます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました