クズが得する世の中なの?真面目に生きても報われない衝撃の真相

ライフスタイル

クズが得する世の中なの?と思う人に、クズが得する世の中なの?真面目に生きても報われない衝撃の真相という記事を書きます。

クズと付き合って嫌な目にあった、ニュースを見ていてもクズばっかり得をしている、仕事でもズルばっかりするクズが昇格していく。

そんな経験をしたことがありませんか?

実際はクズが得する世の中になっています。

しかし、本人が得をしたとしても、周りの人が不幸になったり損をしたり嫌な気分になっている人は必ずいます。

クズが得する世の中なの?・クズの語源

 

  1.  物のかけらや切れ端などで役に立たないもの。「糸―」「裁ち―」

 

  1.  いい部分を取ったあとの残りかす。「―米」「売れ残りの―」

 

  1. 役に立たない人のたとえ。「人間の―」

 

出典:goo辞典

このようにクズの語源は役に立たないものの例えから成り立っていることが分かります。

クズが得する世の中なの?クズの特徴

クズが得する世の中

自分に嫌なことをしてくる人はクズに該当する可能性が高いです。

  • 人を利用する人
  • 平気でうそをつく人
  • 相手のことを思わない、自分さえよければいいと考える人
  • もの、お金を盗む人
  • お金を払わない人
  • 本命がいるのに異性と付き合う

具体的に居ればそのような人がクズの特徴です。

共通して、相手のことを考えない人このとの呼称のことです。

クズが得する世の中なの?結局因果応報

因果応報とは、人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。

行為の善悪に応じて、その報いがあることで現在では悪いほうに用いられることが多いです。

「因」は因縁の意で、原因のことで、「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

過去のどんな行いも自分に戻ってくるという意味で使われることが多いです模様。

なので、クズが悪いことをすれば、必ずクズにも悪いことが返ってくるということです。

クズが得する世の中なのでクズから被害を受けないために3選

クズが得する世の中

悪いことをする人は、相手のことも考えず自分本位で行動するので被害が拡大します。

もっと悪い人は、相手が被害を受けてもいいと思ってわざと仕向けてくる人もいます。

そのような人から被害を受けないようにする方法をご紹介します。

クズと分かれば距離をとる

あなたとお付き合いのある人が、クズだと判明した場合は距離をとりましょう。

少しでもこの人と付き合っていて、しんどいと思うときは無理をせず距離をとることをおすすめします。

最初は勇気のいる行為ですが勇気を持って離れることが大切です。

クズとお付き合いしている場合はきっぱりと別れる

好きな人がクズ男だと気付いたら即別れた方がいいでしょう。

あなたのことを愛していたら、傷つけるようなことはしません。

お金に関しても、浮気をするにしてもどちらもトラブルになりかねません。

自分が傷つく前にお別れすることが絶対にいいでしょう。

クズな人とは最低限の付き合いをする

仕事や学校生活でどうしても付き合わないといけない場合は、最低限の付き合いをするように調整をしましょう。

最低限の付き合いをしてクズとは距離を置くのが賢い付き合い方です。

損をする前にささっと離れましょう。

自分がクズだと気付いた時の対処法

今回の記事を読んで、自分がクズだ気付いた時の対処法ですが、まず自分を客観視して、今までの行いに対して反省しましょう

時間は返ってきませんが、自分と向き合えたことを大いに褒めてげましょう

もしかしたら、あなたの行動がたくさんの人を傷つけている可能もあるし、とても嫌な思いをしている場合もあります。

本当のクズのクズはこのように反省もすることはないので、その人たちよりも何歩も先にいるので安心しましょう。

離れていった人や、傷つけてしまったことは変えられませんが、反省と、対策を練って新たな自分と生きていきましょう!

クズが得する世の中だけど類は友を呼ぶ

クズが得する世の中ですが、普通の人は相手がクズだと気付いたら間違いなく離れていきます。

付き合う人も同じ傾向の人が集まるようになり、悪い方にことが進むこともあるでしょう。

最終的には、クズの周りはクズしか居なくなるので、恵まれた環境ではなくなります。

自分もその部類に属さないように、一度しかない人生を無駄にしないようにしましょう。

クズが得する世の中まとめ

クズが得する世の中なの?と思う人に、クズが得する世の中なの?真面目に生きても報われない衝撃の真相という記事を書きました。

真面目に生きていてもいいことがない、クズが結局得をする!そのように思うかもしれません。

表面上、ズルをしたり、人を利用したりするような人が得をしているのは間違えない事実です。

しかし、クズの人間レベルをみても、周りの環境をみても羨ましいと思うことはありません。

因果応報という言葉があるように、必ずいつか痛い目をみるでしょう!

自分と、クズとはできるだけ縁のない人生を送れるように、することを考えてみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました