七夕の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!

年間行事


七夕の由来を子供向けに伝えるときに七夕の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!という記事を書きました。

 

なんとなくわかるけど、子供向けに簡単に説明するってどうしたらいいだろう

今日はその悩みを解決します。

七夕は奈良時代から中国から日本に伝わり、最初は宮中行事とされ、やがて江戸時代に全国的に広がり、貴族の行事から庶民の行事になりました

そして現在に至るという歴史があります。

7月7日は七夕です。

七夕にはどんな理由があるのかご存じですか?

保育園や学校行事、商店街などで盛り上がる大切な行事の一つです。

とはいえ、いきなり詳しく説明しろと言われても困りますよね。

何となく行事を過ごしていた方も、子供に分かりやすく説明するためにポイントを勉強しようと思います!

  • 笹を飾って短冊にお願い事を書く?
  • 天の川を渡って織姫様と彦星様が再会する日?
  • 星形の装飾をした野菜とそうめんを食べる?

今回は、七夕の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!に重点を置き”七夕”について学び行事をより一層楽しんでもらえたらと思います。

 

七夕の由来をサクッと学ぶ

七夕の由来を子供向けに伝えたい1機織りの得意な織姫はみんなの為に懸命に働いていました。

その姿を見た父親が結婚相手を探しました。

川岸で牛のお世話を丁寧にし、庭木の手入れも手を抜かずこなす彦星を紹介しました。

やがて2人は意気投合すぐに結婚しました。

しかし、仲が良すぎてお互いそれぞれ仕事をしません

やがてみんなの衣類はボロボロになり、牛は体調を崩しかつ草木も荒れ果てていきました

それを見た父親が激怒し、織姫と彦星を引き離しました。.

そこで互いの課題として、仕事をこなせば1年に1度会うことを許可しました

すると2人は仕事を全うし、天の川を渡って七夕だけ会えるというお話です。

 

出典:YouTube https://youtu.be/-LL1_Ap6TEQ

 

古代中国の行事「乞巧奠」と古代日本の行事「棚機」の2つの歴史があるとされています。

それぞれの特徴を押さえておきましょう。

古代中国の行事・乞巧奠(きこうでん)

機織りが得意な織姫にあやかって人々が裁縫の上達を願う行事です。

そして、7月7日に祭壇を飾り、星へ祈りを捧げた日が、やがて武芸や書など裁縫以外の才も上達を願う行事となりました。

つまり、願掛け要素も含まれていたとされています。

日本の行事である棚機(たなばた)

衣に関する行事です。

かつて乙姫が機織りで織った着物を棚に供え神をもてなすことで豊作を願ったり罪穢れを祓ったりしていたことに由来します。

そして中国と日本の伝統行事が融合し、新たな宮中行事へ昇華されました。

江戸時代にさまざまな貴族の宮中行事・慣習が庶民の間で広まりました。さらに七夕も庶民の文化として浸透し、現在に至ります。

家族と一緒に楽しもう!七夕料理について学ぶ

次に行事を盛り上げてくれる七夕料理についてのご紹介します。

七夕にそうめんを食べる風習は中国から伝わりました。

そうめんと七夕ゼリーの紹介ですが、どちらも簡単に作れるますし、ぜひ家族で作ってみてください。

七夕の由来を子供向けに伝えるそんな疑問も解決してくれます。

天の川に見立てたそうめんを食べる

出典:YouTube https://youtu.be/OQbpGaZMro4

それでは、詳しく見ていきます。

そうめんが中国から来伝した際に一緒に”索餅(さくべい)”小麦粉を使ったねじれたお菓子も日本に伝わりました。

中国では七夕に索餅を神様にお供えし、要するに無病息災を祈るという風習があります。

そして、それにあやかってそうめんを食べる習慣になったとされます。

なおその索餅に見立てて食したという言い伝えがあります。

上記の動画を見ながら簡単に盛り付けることができるので、小さなお子様と一緒に料理するものオススメです。

チーズ、ハム、人参、うすやき卵などを星形に型抜き飾ると彩もよくなり、一層七夕感を味わえるかもしれません。

そうめんを可愛く盛り付けて天の川を表現しています。

子どもと一緒作る・盛り上げてくれる七夕デザート!

保育園・幼稚園、小学校では七夕ゼリーが給食で提供されることも多いです。

ゼラチンから作ると手を取ってしまうので、誰でも簡単に作れるのでこちらもオススメです。

しかも作り方がとても簡単です。

七夕の由来を子供向けに伝えたい2

なんちゃって七夕ゼリーの紹介です。

用意するものは、これと、星形の金型です。

今回、スイカが冷蔵庫にあったので入れてみました。

七夕の由来を子供向けに伝える場合は一緒に体験するのも良いと思います。

七夕の由来を子供向けに伝えたい3

たったこれだけで雰囲気のでるゼリーが作れます。

果物を星形に型抜き、器に移したゼリーの上に飾りました。

ちなみに、器は、洋菓子店でよくあるプリンの器を使いまわしました。

ゼリー1つで2つ分できました。3歳の娘と一緒に作りましたが、食べ終わるまでずっと笑顔でした。要するに、ゼリーを器によそって、くり抜いた果物を飾っただけです。

簡単でかつどこでも手に入るもので、お財布に優しいのでオススメです

七夕の雰囲気がでるのと、簡単なので是非作ってみてくださいね(^O^)/

なぜ七夕に短冊を飾るの?本当の理由

短冊に願い事を書くときの短冊の色は青、赤、黄、白、黒の5色が使われていました。

ちなみにそれぞれの短冊の色に意味があると言われていまあす。

つまり、叶えたい願い事のジャンルによって短冊の色を変えると願いが叶いやすくなると言われています

しかし、織姫と彦星は1年に1度七夕にしか会えません

ゆえに願いが届くよう、川に笹と短冊を流すという言い伝えがあります。

そしてこれは川が天の川へ繋がり、願いが天に届くと考えていたからです。

ただし、 川のない場所では、笹と短冊を燃やします。

ちなみにこちらの伝統が残っている地域では今もなお七夕の行事を行っています。

そして、その 煙が天に昇って、願いが届くと考えられていたそうです。

まとめ

今回七夕の由来を子供向けに要約して簡単に伝える為に3つのポイント!について押さえておきたいポイントをそれぞれ説明しました。

  • 簡単に七夕について勉強する
  • 子供と行事を楽しむために七夕料理を学ぶ
  • 七夕に短冊を飾る理由を理解する。

以上の3つのポイントを押さえて七夕の由来を簡単に子供に伝えてみるのはいかがですか?

つまり、家族も参加型にすればより行事もみんなで楽しめます。

例えばレシピ動画や物語を子供と一緒に視聴するのもオススメです。

家族のイベントを楽しむことで次の時代に伝承していけると思います。

さらに行事に学びをワンクッション入れることでより印象深い思い出となるでしょう。

そして、イベントを通じて家族が関わることで情緒の成長や知識の向上につながる利点があります。

七夕の由来を子供向けに要約して伝える簡単も良いと思います!に伝えて今年の七夕が一層楽しくなること間違いなしです(^O^)/

著者おススメの記事↓↓

お月見の由来を子供向けに要約して簡単に伝える!3つのポイント!

社会人の恋愛の始め方・忘れた恋の感覚を取り戻す3つのステップ!

富士フィルム 限定・初心者でも使いやすいおすすめのカメラ3選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました