尾瀬の紅葉で10月は旬の時期?紅葉情報と服装や持ち物まとめ

年間行事

尾瀬の紅葉で10月は旬?と疑問の方に、尾瀬の紅葉で10月は旬の時期?紅葉情報と服装や持ち物まとめという記事を書きます。

紅葉シーズンは長いけど尾瀬の10月の紅葉は旬の時期なのか気になりますよね。

尾瀬の紅葉は、9月上旬から楽しむことができ、10月は最も美しい時期と言われています。

ヒツジグサも真っ赤に紅葉し、ブナを中心とした黄葉がとても美しく、尾瀬沼も秋模様になっていて観光客の人々を魅了してくれます。

10月は、朝夕の気温差が大きく薄手のTシャツから簡易的な上着などを用意しておくといいでしょう。

中旬~下旬になると、寒暖差もさらに大きくなるので、レインウエアやダウンなどが1枚あると安心できます。

尾瀬の紅葉で10月は旬の植物

画像

Twitter

尾瀬の紅葉は、5月の中旬から10月までのおよそ5ヶ月。

沼尻の池塘に浮かぶヒツジグサも真っ赤に紅葉し、ブナを中心とした黄葉が楽しめます。

この時期は、ヤマドリゼンマイも赤く色づき、トチノキも黄色く様変わりしています。

木々の紅葉と湿原の草紅葉の両方が楽しめて、日ごとに常緑の木々の合間に赤や黄色がのぞく彩ります。

10月は草や低木類が紅色や黄金色に染まる“草紅葉”が見ごろで、運が良ければ放射冷却が強まると霜が降り幻想的な紅葉が楽しむことも。

尾瀬の10月の気温と服装

10月とはいえ、この1ヶ月間では気温差がかなりあるので、山に行くときは万全の準備をしていくことが好ましいでしょう。

山は気温が気温が低くなりやすいので、インナーやアウターなどで調節を行いましょう

  • 10月上旬:日中の平均気温も10℃前後 ※防寒具や手袋が必要な時期です
  • 10月中旬:朝晩は0℃以下になり雪が散ることもあります ※積雪による冬山の装備が必要
  • 10月下旬:氷点下まで朝晩は冷え込み、日中の温度も10℃前後 ※防寒具、手袋が必要な時期です

10月中旬~下旬は冬山の装備が必要になりますので、山の初心者の方や気軽に観光で訪れる場合は10月上旬がおすすめです。

尾瀬の10月秋の紅葉で準備しておきたい持ち物

尾瀬紅葉10月

基本的には、ハイキングを楽しむために動きやすい服装がベストです。

秋は涼しいとはいえ、まだ汗をかくので通気性のよい下着やウエアを用意しましょう。

その他に、サングラス、レインウエア、体調が悪くなった時に鎮痛剤などを持ち物として準備をしておくといざという時に役に立ちます

寒暖差が激しいので軽量でコンパクトな折り畳み可能な上着を持っていくことを推奨します。

尾瀬の10月秋の紅葉おすすめのエリア

"尾瀬10月紅葉”

片品村観光協会

尾瀬の10月の紅葉時期にぜひ観光してほしいスポットの紹介をします。

参道を歩いているだけでも秋を感じられますが、現場に行ってみたら立ち寄ってほしいスポットや観察してほしい植物を集めてみました。

  • 紅葉はモーカケノ滝から七入あたりの風景
  • 御池から燧裏林道で上田代までの散策は木道にはうっすら雪が残る場所もあり風情を感じることができます
  • のびのびと空に向かって咲いているヤナギランは10月は最高に綺麗
  • 山頂湿原から見下ろす紅葉見頃で、黄色を中心とした山肌に湧き上がる雲が大変綺麗
  • 1.山頂湿原の草紅葉 2.水場近辺の紅葉 3.駒の小屋前の駒の大池これは3大絶景

 

尾瀬の紅葉で10月は旬の時期?まとめ

尾瀬の紅葉で10月は旬?と疑問の方に、尾瀬の紅葉で10月は旬の時期?紅葉情報と服装や持ち物まとめという記事を書きました。

尾瀬の紅葉の10月も旬、真っただ中です。

山の気温の寒暖差は激しく、想像を絶する場合もありますので秋の山に行かれるときは万全の準備を行うことをおすすめします。

服装や持ち物に注意するとより良い観光ができると思います。

尾瀬の紅葉は全国的にみても有名で絶景を楽しむことができます。

シーズン中の土日祝日の早朝から駐車場が込み合う可能性があるので、平日の早朝にお出かけすることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

尾瀬で紅葉時期が混雑?気になる渋滞状況と駐車場情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました