お年玉の相場は年齢別にいくらなの?相場を徹底検証!

年間行事

お年玉の相場が年齢別に知りたい人に、お年玉の相場は年齢別にいくらなの?相場を徹底検証!という記事を書きます。

お年玉の相場は、年齢ごとに変動しますが、幼児は500円、小学生は3000円、中学生は5000円、高校生は5000円から1万円、大学生は1万円という意見が多いです。

今回はその理由と多い意見をまとめてみました。

お正月に、いくら渡したらいいのか悩んでしまいますが今回の記事を読んで参考にしていただけたらと思います。

お年玉の相場は年齢別にいくらにしてる?世間の声をまとめてみた

子どもの年齢 お年玉の金額
0歳から2歳(乳幼児) 0円
3歳から6歳(未就学児) 500~1000円
小学生 1000円~3000円
中学生 3000円~5000円
高校生 5000円~10000円
大学生 10000円
社会人 10000円or逆にもらう

0歳から2歳(乳幼児)お年玉の相場

  • まだわからない年齢なのでお年玉はあげない
  • 線引きが難しいので、友達の子どもや近所の子どもにお年玉はあげない
  • お金ではなく、おもちゃやお菓子をあげることが多い

まだ小さく、1000円を親に渡したところで失礼にあたるのであげない。

という意見も多く、現金よりも子どもが喜ぶものをあげるという意見もありました。

まだ小さく、お年玉の認識をしていないのであげないという意見が最も多かったです。

 

3歳から6歳(未就学児)お年玉の相場

  • お年玉を認識しているので喜んでもらえる
  • 年齢の数×100円あげてる
  • 本人のお小遣いにしてもらう額を渡すという意見も多い
  • 子どもが小さいとお金よりも食べ物やおもちゃの方が喜ぶのでお金以外をあげる

お金の価値が分からなくても、風習に触れてほしいのでお年玉をあげる意見がおおかったです。

1000円を渡すという意見が一番多く見られました。

小さい子どもは、お年玉をもらった時は喜ぶもののまだお金の価値がまだ分かっていないので失くしてしまう可能性も多いにあります。

親の前で渡したり、お年玉を預けるところまで見守ってあげることをおすすめします

小学生お年玉の相場

  • 低学年は1000円、中学年は2000円、高学年は3000円と決めているご家庭も多くみられました
  • 6年生まで一律3000円渡している
  • 割り切れる数字は縁起がよくないので1000円か3000円を渡している
  • 相手の家の兄弟数に合わせて調整している(出費ができるだけ同額になるようにする)
  • 小学4年生からは3000円を渡している家庭が多い

小学生とまとめても、1年生から6年生の幅が広いため、成長に合わせて金額を変動させる例が多く見られました。

親族間で格差がでないように、人数と金額の調整をしているご家庭が多く、お年玉の金額を優先しているのではなく、相手に失礼のないようにしているという声が多く聞かれました。

中学生お年玉の相場

  • 中学生は5000円をあげているご家庭がとても多く見られました
  • 兄弟、姉妹がいる場合に、金額に差をつけて永遠に上の子が得するシステムというご家庭もありました
  • 中学生も3年間ありますので1、2年生の時は3000円にしていたという声も
  • 子どもの数や学年が一緒の場合は相場に関わらず「3000円を貰ったから3000円」という割合も高い

中学生は、3000円と5000円というご家庭がはっきりと分かれていました。

偶数の4は好まれないこともあり、4000円はマナー的にNGなので注意です!

高校生のお年玉の相場

  • 5000円に次いで10000円をお年玉として渡している場合が多いです
  • 小中学生と差をつけるために5000円以上渡すようにしている
  • 5000円と図書カード、プリペイドカード、ラインGIFTなど送っている
  • 大学生や社会人になったら会えないかもしれないから10000円にしている
  • お年玉としてモバイルで送金している(その方が実用的)

高校生は5000円以上という認識でいる方が多くいらっしゃいました。

現金を10000万円渡さなくても、モバイルでの送金や電子ギフトを送っているという声も聞かれお年玉の形も多様化しています。

現金と、図書カードやプリペイドカードなども送られた側はとても嬉しいと思います。

大学生のお年玉の相場

圧倒的に10000万円という意見が多く、次いで5000円という意見が多かったです。

やはり、大学生ということでお金も必要だろうという所からです。

稀に10万円!3万円もらったとSNSなどで見かけますが相場は1万円でした。

個人的には3000円でもお年玉は気持ちなので嬉しいと思います!

社会人のお年玉の相場

社会人の場合はお年玉をあげなくても、もちろんOK!

兄弟がみんな学生だとお気持ちの品としてお菓子や気を遣わない程度のプレゼントを渡すと喜ばれるかもしれません。

働かれてるので、逆お年玉もあるかもしれません!

お互いにあまり期待せず、楽しいお正月を過ごすといいですね!

お年玉相場のマナーは同額返し!

お年玉の相場のマナーですが、同額返しを心がけましょう。

年齢によってお年玉の相場も変わりますが、一番大事なのは同額返しだといわれています。

お年玉にかかるお金を相手方とできるだけ同額にしましょう。

近しき仲に礼儀ありという言葉があるように、身近な人こそ大切にすべきです。

お年玉を渡す際に、相手側としっかりと話し合い金額を設定しておくことがトラブルを回避するポイントになります。

相手側が気を使わないことが大切になります!

お年玉を渡すときのポイント

お年玉を渡すときのポイントをまとめてみました。

  • 地域や親戚間での習わしがあれば、それに合わせるのが無難です
  • 小さい子どもがいる場合は、お年玉を無くさないように見てあげましょう
  • 2000円、4000円、6000円などの偶数の数字は避ける
  • 高額過ぎるお年玉はもらう相手に返って負担をかけてしまうので相場を参考にしたり、相手側と話し合うことがおすすめ
  • ポチ袋に入れて渡しましょう
  • 新札や新コインを両替して、お年玉に入れてあげると喜ばれます
  • 綺麗な折り紙や包装紙で手作りするのもとても喜ばれます

喪中のときのお年玉のマナーは?

喪中であっても、1年に1度のお年玉は楽しみにしている場合が多いです。

お年玉としてではなく、お小遣いとして渡すことはマナー的にOKです。

ポチ袋もお年玉仕様のものではなく、無難な柄のものや無地のものを選び、「今年はお小遣いとしてあげるね!」とあげる時にひとこと添えてあげましょう。

お年玉をもらった側が大切にすること3選

お年玉を通じて学びにつなげることができるのでまとめてみました。

お年玉を通してお金の大切さを知ることができます!

お年玉をもらった時に感謝を伝えることを教える

お年玉をもらった時は、必ず「ありがとうございます」とお礼を言うように教えましょう

お年玉を貰うことが当たり前になり、感謝の気持ちをいうことを忘れてしまっている子もたくさん居ます。

小さなお子様だと、もらうだけで満足してしまったり、兄弟間でポチ袋の奪い合いになってしまうこともしばしば。

必ずお礼を言うように親が促して物をもらった時に感謝できるように教育しましょう!

お年玉の使い道を家族会議で考える

お年玉をきっかけに、頂いたお金をどのように使うのかを家族会議で話し合うよいきっかけになります。

お金を使うのか、管理するのか自分で考えて実践することでお金の使い方を学ぶことができます。

貯金するも、手元に置いておくのも自分で考えることが大切。

貯金箱やお小遣い帳などのアイテムを渡して、自分で管理ができるまでは親も一緒に管理しあげましょう!

お金のマナーを教える

お年玉を通じてお金マナーも一緒に学べます。

今回学んだお年玉のマナーに加えて、封筒にお金を入れる時の方法などをお伝えましょう。

  • お札は肖像(表)が内側になるように、左から右の順に三つ折りに折ります(取り出して広げたときに表が上を向いている状態が正解)
  • 硬貨の場合も取り出したときに表側が上になるように入れます(硬貨に記載されている製造年月がある方が裏側)
  • ポチ袋の表側には相手の名前を書き、裏側には自分の名前を書く
  • マナーを考えると400円、4,000円などの4がつく数字は縁起が悪いため避ける

直接会えない時のお年玉は渡すの?

直接会えない時のお年玉は渡すの?という疑問があると思います。

時代の流れや、体調が悪くて集まりに参加できなかった場合に迷ってしまうことがありますよね。

一般的に、直接会えない場合はお年玉を渡さないでもいいといわれています。

また会えた時に、直接顔を見て何か渡しましょう!

会えなくても渡したいときは、書留などを使って送ってあげるともちろん喜ばれると思います。

お年玉の相場は年齢別にいくらなの?まとめ

お年玉の相場が年齢別に知りたい人に、お年玉の相場は年齢別にいくらなの?相場を徹底検証!という記事を書きました。

お年玉の相場は、年齢ごとに変動しますが、幼児は500円、小学生は3000円、中学生は5000円、高校生は5000円から1万円、大学生は1万円という意見が多いです。

最近のお年玉は、現金だけでなく電子マネーで渡したり多様化しています。

基本的には、同額返しを心掛けましょう!

お年玉を通じてお金の勉強やマナーが学べるのでぜひ活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました