おせちが子供で苦手な人に・おいしく食べてもらう紹介!

年間行事

おせちが子供で苦手な人におせちが子供で苦手な人に・おいしく食べてもらう紹介!という記事を書きます。

おせちが苦手な理由は、味が濃くておいしくない、食べれるものがあまり入ってない、和食ばかりで飽きる、など理由は様々です。

本来、おせちをお正月に食べる理由は、お店が休んでいる(最近では大手スーパーなど開いていますよね!)、神様がいる間には火を使わない、などの理由があります。

実は、市販のおせちは見た目がいいけど、味付けが濃くて人気がなかったりもします。

日持ちを長くさせようと思ったらどうしても味付けは濃くなってしまうものです。

なぜ正月早々におせちを食べないといけないのかと疑問を持っている子供がだくさんいます。

今回は、そんな子供のおせち嫌いを解消するヒントをたくさん記載します!

子供がおせちを好まないのはなぜ?

 

おせち 子供 苦手

せっかく高いおせちを用意したのに、子供がぜんぜん食べてくれないという話はよくあります。

子供がおせちに苦手意識を持つ理由をまとめてみました。

  • 味付けが濃い、甘すぎておいしくない
  • 見た目は派手でおいしそうに見えるけど、食べたらそうでもない
  • そもそも和食がそんなに好きではない
  • 何日も同じものを続けて食べるのが辛い
  • おせちを正月に食べないといけない理由がわからない

ほんの一部の意見ですが、子供たちからはこのよう声が多くあります。

子供がおせちを食べてくれるようにするには?

 

子供おせち苦手

上記の疑問をひとつずつ解決策を考えてみました。

苦手意識はあるかもしれませんが、苦手を克服するチャンスかもしれないので参考にしてみてください!

味付けが濃い、甘すぎておいしくない場合の対策

こちらは、購入したおせちにありがちな意見です。

家庭の味と異なるので、子供からするといつもと違う味付けで好みが分かれてしまします。

そもそも、おせちが日持ちを長くさせるように味付けが濃い物ですが、市販の物はより味付けの濃い物が多いのは事実です。

このよな意見を持っている子供がいれば、おせちを手作りしてみて家庭の味を再現してみるのがいいでしょう。

見た目は派手でおいしそうに見えるけど、そうでもない時の対策

おせちは華やかに見える反面、1品ずつで勝負すると美味しい物があまりないという問題。

おせちはほぼ素材を楽しむというものですから、集合体華やかでも実は地味な物。

子供におせちを楽しんでもらうには、こだわりの素材で勝負するのもひとつの手でしょう。

国産にこだわってみたり、調味料にこだわってみたりして、話題から興味を持ってもらうと口に入りやすくなります。

そもそも和食がそんなに好きではない時の対処法

和食が好きではない子供におすすめなのは、中華おせちや洋風おせちです。

最近のおせちも進化していて、基本ベースは変らない物の変わり種のおせちが多く販売されています。

お刺身、伊勢エビ、カニ、ローストビーフ、エビフライ、エビチリ、春巻き、ハンバーグ、卵焼きなどをお重に詰めて再現するももいいです。

購入したおせちは1品の量が決まっていて少ししか入ってないので、子供の好きな物(食べれるもの)が無くなればもう手をつけてくれません。

本来のおせちは和食ですが、最近のおせちも多様化しているので、和食にこだわりすぎなくても自分の家子供の好きな物を重に詰めるスタイルでもお正月が盛り上がります。

何日も同じものを続けて食べるのが辛い時の対処法

この意見をもっている子供がとても多いです。

おせちは、三が日料理を作らないでいいようにと昔ながらの知恵が詰まっています。

冷蔵の生おせちの賞味期限も3日持つようにできていて、親御さんはお正月のメニューを考えられているかもしれません。

子供の意見からすると、同じ味で飽きてしまうので、同じおせちを出すなら内容を変えてほしいな~というのが本音でしょう。

対策案として、余りものを詰めるより、おせちの内容を変更してもらえると子供は喜びます!

おせちを正月に食べないといけない理由がわからない時の対処法

お正月におせちを食べる理由について説明することで、食べてみようという気持ちになるかもしれません。

おせちは弥生時代に中国から日本に伝わったといわれています。

おせちはめでたさを重ねるという意味合いで重箱に入れます。一番上から一の重、二の重、三の重と呼び、それぞれ入れる料理が決められています。

縁起物というところに注目し、1年の幸先良いスタートを切るためにということを教えてあげればおせつちに対するイメージも変わるでしょう。

おせちの由来や意味を説明すれば興味を持って食べてくれるかもしれません。

スィーツおせちを準備する?

最近では、おせちの形も食事だけでなくデザートおせちという発想もあります。

デパートやコンビニ、インターネットからも様々なスィーツおせちが販売されています。

おせちが苦手な人、スィーツ好きな人からの需要が高く、早く予約しないと売り切れになることもあります。

この時期にしか食べれない貴重なものですし、家族が集まって大いに盛り上がるのでおせちが苦手子供がいる場合はスィーツおせちがおすすめです。

おせちには意味がある?

「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類で、それぞれの料理におめでたい意味やいわれがあります。

おせち料理は重箱に詰めるのは、幸せを重ねるという意味が込められています。

上から「一の重」「二の重」「三の重」と数え、どの重箱に何を詰めるのかは決められています

おせちの種類は20~30品目もある?

 

おせち子供苦手

地域によって種類は異なりますが、20~30品目もあるといわれています。

今回はおせちの王道の中の14品目(これを食べれば1年の縁起を担げるもの)をご紹介します。

おせちと共に意味も紹介してあげてください。

意味を知ることで興味を持ち自ら進んでおせちを食べるかもしれません!

  • 黒豆:邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められている
  • 数の子:ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物
  • 田作り:片口イワシの稚魚を干して飴炊きにしたもの。片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願う。「五万米」の字を当て「ごまめ」とも呼ばれる
  • たたきごぼうごぼう:地中深くに根が入っていくので、家の基礎が堅牢であることを願う意味があります
  • かまぼこ紅白:または松竹梅の柄などでおめでたさを表飾りします。切りで鶴や松などの縁起物をかたどることも。赤は魔除け、白は清浄の意味もあります
  • 伊達巻き:形が巻物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています
  • きんとん:漢字では「金団」と書きます。黄金にたとえて金運を呼ぶ縁起物
  • 紅白なます:水引をかたどっているとされ、平安や平和を願う意味です
  • 鯛の姿焼き:「めでたい」の語呂合わせはもちろんのこと、恵比寿様が持つ魚としてハレの食卓にふさわしい魚
  • 鰤の照り焼き:出世魚である鰤は、立身出世を願う縁起物
  • 車海老艶煮:茹でるとお年寄りのように腰が曲がることから、長寿でいられるようにという願いが込められています
  • 煮蛤:左右の貝がピッタリ合うのは一つしかないことから、夫婦円満を象徴する縁起物
  • 昆布巻き:「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされています。また「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込めることもあります
  • 筑前煮:穴にちなんで将来の見通しがきくとされる「蓮根」や、小芋をたくさんつけることから子孫繁栄の縁起物とされる「里芋」の他、土の中で根を張る根菜を用い、末永い幸せを祈願する意味があります

おせちが子供で苦手な人まとめ

おせちが子供で苦手な人におせちが子供で苦手な人に・おいしく食べてもらう紹介!という記事を書きました。

おせちが苦手な人にはそれなりの理由があり、変化をしてみて本来のおせちの苦手意識を拭うといいかもしれません。

最近のおせちも多様化していて、様々な形があるので時代と共に変化してみましょう。

子供の好きな人気のメニューをお重に詰めてもいいし、スイーツおせちを用意してもいいです。

また、おせちの由来や重の意味などの説明をすると興味からおせちを口にしてくれるかもしれません。

おせちを通して、家族が盛り上がることの方が良いと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました