重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いは何?2つの違いを解説

スポンサーリンク
ライフスタイル

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いが気になる人に、重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いは何?2つの違いを解説という記事を書きます。

現在少子高齢化の日本、2025年には国民の25%が75歳以上の後期高齢者になります。。。

この問題に伴って高齢の方々の介護が問題になっていきます。

なんと2025年までにおよそ30万人以上の介護職員を補充しなければならないそうです。

ですがこれを、逆手に取るとコロナにも影響されず需要がある職種ということになります。

なので今回は今注目されている、資格重度訪問介護従業者養成研修初任者研修について、違いと特徴を紹介します。

スポンサーリンク

重度訪問介護従業者養成研修とは?

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い

 自治体から障害支援区分4~6の認定を受けている重度肢体不自由者の方に介護サービスを提供する上で必要な資格です。

生活のお手伝いをするために重度訪問介護」というサービスで仕事をするために必要な資格研修の一つです。

研修の内容としては、障害福祉の考え方、介護、障害の歴史を学んだり、

実際の介護の実技や喀痰吸引(第3号研修)、経管栄養等の医療的ケアの実技等を学ぶことができます。

介護経験者の方もステップアップとして取得されるような資格です。

重度訪問介護従業者養成研修を受ける条件

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い

条件としては特に決められていないようですが、重度障害の方々に対する資格なので、

初任者研修介護福祉士等実際に介護で働かれている人たちが受講するケースが多いようです。

また家族に重度障害を持つ人の場合、家で介護が必要となるため、必要な技術等を学んで実践されているケースもあるようです。

重度介護の方に関しては専門的な知識が必要だったり、その方に配慮した介護が必要なため大変ですがやりがいのある仕事となっております。

初任者研修とは?

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い

介護職員初任者研修は、『在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修』(厚生労働省より)です。

また、訪問ヘルパーや介護施設で働く際には必須の資格でもあります。

介護の技術や、歴史について学べる、いわば入門の資格でもあります。

初任者研修は介護施設で資格手当などを支給できるようになる1番初めの資格なので介護施設で働きたい人は取得しておきたい資格です。

研修期間も会社によっては違いますが1ヶ月〜4ヶ月ほどで取得できるため、手に職をつけたい人にはもってこいの資格です。

初心者研修を受ける条件

条件は特にはなく、介護を学びたい学んでみたいという人は誰でも受けられます

私も資格を持っていますが、働きながらでも取得できます。

そのため4ヶ月ほどかかりましたが、最短で15日の会社もあるため一度問い合わせをしてみるといいと思います。

内容としては実際の介護技術を学んだり、介護の歴史学んだりと充実の内容となっています。

難易度も、比較的低く最後に確認のテストがありますがしっかりと授業を聞いていれば問題なく合格ができるかと思います。

受講に関しても会社によって異なりますが、土日だけの参加であったり、まとめて短期期間で取得できたりと自分の時間に合わせて取得することができます。

これから介護業界に興味がある人、家族の介護のために学んでおきたい人などさまざま人におすすめできる資格です。

2つの資格の違いを詳しく解説

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い

2つの資格の違いとしては2点あります。

 

  • 重度訪問介護従業者養成研修は高齢の方だけが対象でない

重度訪問介護従業者養成研修は高齢の方だけでなく障害支援区分4〜6の方が対象となるのでこの資格を持っていると業務の幅が広がり職場でも重宝されることもあります。

※初任者研修を持っていないと業務ができないケースもあるようです。

  • 重度訪問介護従業者養成研修だけでは心許ない

重度訪問介護従業者養成研修に関しては資格というよりも研修課程修了という形になりますのでこの研修だけで働くというのは難しいケースがあります。

あくまで初任者研修や介護福祉士の資格の延長線で取得するケースが多い傾向にあります。

重度訪問介護従業者養成研修を取るメリットの紹介

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い

重度訪問介護従業者養成研修のメリットとして3点あります。

研修を受けるのにハードルを高く感じる人もいるとおもいますが、一度研修を受けているといいことがたくさんあります。

仕事の幅を広げることができる。

通常の初任者研修であれば訪問ヘルパーでしたら調理や洗濯など生活のサポートがメインとなります。

重度訪問介護従業者養成研修を受講していると、訪問ヘルパーだとしてもご自宅や施設などに訪問をしてより喀痰吸引や経管栄養と言ったら医療の専門的な介護ができるようになります。

なので重度訪問介護従業者養成研修の中でも上級課程を修了することをお勧めします。

転職、就職に有利になる

重度訪問介護従業者養成研修は履歴書に記載できるため取得していると、転職活動や、就職活動に有利に働きます。

介護職で働きたいという方にとっては重要な資格です。

介護スキルのレベルアップ

重度訪問介護従業者養成研修を受講することでより介護度の重たい方や医療的ケアが必要な方の介護の仕方や理解を深めていくことができます。

一度現場に入る前にこう言った予備知識入れることで自身のレベルアップにもつながりますし、知識の幅が広がります。

ユースタイルカレッジがおすすめ!

資格取得ならユースタイルカレッジがおすすめ!

実際に通って資格取得していきます。

ユースカレッジは全国で開催しており。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、新潟県、兵庫県の地域で開催しております。

またオンラインでも受講することができるのでぜひ資料請求をして確認しましょう。

個人的には実際に通って質問をバンバンして学んで行った方が自分のためになるかと思います。

また重度訪問介護従業者養成研修だけでなく、初任者研修、実務者研修、介護福祉士の対策講座などなど、

今後介護業界で働きたいなら取得しておきたい資格を取ることができます

(★こちらから応募★)

ユースタイルカレッジは受講場所が自由

受講場所ですが全国で10ヶ所

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、新潟県、兵庫県

で開催されております。

自分の住んでいる地域で受講ができます。

もし該当がなくてもオンラインでも受講可能なのでコロナが気になる方でも受講することができます。

ユースタイルカレッジの料金が安い

ユースタイルカレッジでは現在キャンペーンを行っており、重度訪問介護従業者養成研修では30000円で受講できます。

初任者研修に至っては、96000円のところが79000円となっております。

キャンペーンは今だけなのでぜひ今回の機会に考えてみてくださいね!

ユースタイルカレッジは充実の受講内容

通いやすくて、値段が安いだけでなく、受講内容ももちろん充実しています。

実際に介護業界で働いたことがある講師を中心にみんなで介護の体験したりとデモで実際に介護を受けてみると恥ずかしい気持ちにもなりますし反対な介護される側の気持ち改めて理解ができるので良い経験ができるかと思います。

またユースタイルカレッジでは急遽受講ができなくなっても安心、授業の振替が無料でできます。

そのため主婦の人や家族の介護している方でも振替をすることができるので、登録はしたけど通えなくなったというような心配は必要ありません。

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いまとめ

重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いが気になる人に、重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違いは何?2つの違いを解説という記事を書きました。

  • 重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の内容まとめ
  • 重度訪問介護従業者養成研修と初任者研修の違い
  • 重度訪問介護従業者養成研修、初任者研修を受けるならユースタイルカレッジ!

介護の資格はたくさんありますのでまずは今回紹介した2つよ資格を押さえて、いろいろな資格にチャレンジしてみましょう。

ユースタイルカレッジのようにさまざまな資格が取得できる会社は限られているのでまずは資料請求からはじめてみましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nashichanをフォローする
スポンサーリンク
梨ちゃんの公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました