彼氏が冷たくなった2ヶ月目・原因不明の出来事に今後を考えるポイント

恋愛

付き合って2か月目の異変を感じたときに、彼氏が冷たくなった2ヶ月目・原因不明の出来事に今後を考えるポイントという記事を書きます。

何か違和感があるとき、倦怠期に入っているのか、今後のことを考えている可能性があります。

また、環境要因も考えられますので焦ったり考えすぎるのはよくないです。

倦怠期は、3ヶ月単位に巡ってくるといいますが、人それぞれ感覚は違います。

もしかしたら、相手はあなたに信頼をしているので素の自分を出しいているのかもしれません。

何か考えているのか、環境要因なのかを理解すると気持ち的に楽になれます。

彼氏が冷たくなった・原因は3つある

 

彼氏2か月冷たい

彼氏が冷たくなった時には何か相手側になにかの変化があった可能性があります。

急に態度が変わって驚いたと思いますが、原因を知ることで気持ちが楽になれるので知ることが大切です。

あなたが原因の場合もあるかもしれませんが、別の可能性も十分にありえますのでしっかりと考察しましょう。

倦怠期に入っている可能性がある

一般的に倦怠期は3、6、9か月といいますが個人差があるので注意が必要です。

倦怠期は人それぞれなので、素の自分を出してくれている場合があります。

彼の態度は冷たいけど、愛情を感じるときはお付き合いが慣れてきている証拠です。

愛情が感じれる場合は勇気を持って彼に冷たくなった原因を聞いてみるのもいいかもしれません。

人は慣れていくものなので、お付き合いの形も時間の流れとともに変化していくものです。

今後のことを考えている可能性がある

2か月目というのは、今後のことを考えている可能性があります。

性格や相性が合わなくて、今後のことを真剣に考えていることもあります。

モヤモヤしてしまったときは本人にハッキリと聞いてみるのもアリ。

ひとりで考えてしまって、相手はもう先のことを考えているなら一刻も時間を無駄にしたくないですよね。

勇気をもって聞くことも大切なので、あまりにも冷たい時は聞いた方がいいでしょう。

環境要因が原因かも

もしかしたら、環境要因が大きいのかもしれません。

学業、仕事、プライベートなど急に忙しくなった場合もあります。

忙しい理由が明確な場合は用事が本当にある可能性が高いです。

もし、忙しい理由が分かったときには相手に我慢しましょう!

環境要因であれば、冷たい態度も一時的なものになるので我慢をしてあげるのも上手く付き合うために大切です。

彼氏が冷たくなったけどもう少し見てみる

 

彼氏冷たい2か月

まだ2ヶ月なので、期間を決めてもう少し見てみるのもいいかもしれません。

まだ交際期間が短いので相手を観察してみるというのもひとつの手法です。

嫌われたくない、言いにくい場合もあると思います。

時間をかけるともったいないので、必ず期間を設けることがポイントです。

相手の態度が冷たすぎたら違う方法を考えてみましょう!

彼氏が冷たくなった時は次に行くのもアリ

彼氏が冷たくなったら次に行くのも全然アリでしょう。

2か月という交際期間はまだ傷が浅くて済むので今がチャンスというのも本音だと思います。

運命の人は必ずいるというように、別れると次に必ず出会えるチャンスが巡ってきます。

彼氏が冷たくなった時は、今後のお付き合いを一度考えてみましょう。

相手とは相性があるので、どうにもならないことは仕方ないと諦めることも必要です。

彼氏が冷たくなった2ヶ月目のまとめ

付き合って2か月目の異変を感じたときに、彼氏が冷たくなった2ヶ月目・原因不明の出来事に今後を考えるポイントという記事を書きました。

彼氏が冷たくなった時には3つの原因があり、自分で解決のできるものとできないものがあるので見極めることが大切です。

原因不明の出来事が起こったときは今後を考えるポイントです。

解決できることと、できないことがありますので聞けそうなら相手に聞いてみることも早道です。

彼氏の態度が急に冷たくなったときは、辛いと思いますが次もまた出会えると思うので考えてみるのもひとつの手法です。

時間を無駄にしないように、辛くならないように解決できたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました