ボウリングのターキーはすごい?ターキーの意味やコツなどを伝授!

スポンサーリンク
ライフスタイル

ボウリングのターキーはすごい?が気になる人に、ボウリングのターキーはすごい?ターキーの意味やコツなどを伝授!という記事を書きます。

ボウリングでターキーとは、3回連続でストライクを出すことをいいます。
複数回ストライクを出すことは困難と思われがちですが、ゲームを繰り返して行ったり、人数が多いとときに意外ターキーがでたりするんですよね!

ボウリングは、誰とでも楽しくできる大人気スポーツですが、ターキーのすごさを知っている人は意外と少ないともいます。

今回は、ターキーの意味や連続してストライクをだすことの難易度やコツをお伝えしますね。

飲み会の2次会やサークルなどのお付き合いでボーリングに参加することもあると思うのできっと役立つと思います。

意外と知らないターキーのことについて伝授するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

ボウリング ターキーって何?

ボウリングのターキーはすごい?

ボウリングで3回連続ストライクをだすとターキーといいます。

ボウリングでスペアやストライクはよく聞きますが、ターキーってなかなか聞かないですよね!

語源の由来は複数の説があるといわれていまがターキーというのは七面鳥という意味です

  1. とても難しい3回連続のストライクを出した人に、お祝いと客寄せの意味で七面鳥を出したのが始まりという説
  2. ストライクのマークが3つ並ぶと七面鳥が羽を広げたように見えるからという説
  3. インディアンが1本の矢で三羽の七面鳥を射止めること見立ててという説

「ターキー」の由来となった説はさまざまありますが、どの説も正しく聞こえますよね!

飲み会やボウリングにいかれたときにドヤっとうんちくを披露するのも盛り上がるのでぜひ頭の片隅に入れておいてくのもおすすめです♪

★↓↓一緒に読みたい・大人気ボウリング記事↓↓★

ボウリングのコツは?初心者でも恥をかかない手法まるっと紹介!

ボウリングでターキーを出すことは凄いこと?

ボウリングのターキーはすごい?

まずは、ストライクの確率から説明します。
ストレートボールで1,3番ピンに当てるとストライクになる確率は約25%で約5度の角度で当てると80%となってます。

ボーリングの細かいルールを抜きで単純に10回ボールを投げるとして、ストライクかストライクじゃないかで組み合わせを考えると全部で1024通り組み合わせがあります

その内、ターキーは8通り、単発のストライクは112通りという衝撃の数字になっています!

なので確率的にターキーが約0.8%で単発3ストライクは10.9% になり、確率的にもかなりターキーはレアです。

ボウリングでターキーを出すことは、奇跡的、本当に凄いことだといえます。

ボウリングでターキーを狙うコツをご紹介!

ボウリングのターキーはすごい?

簡単に説明すると、ストライクを3回連続で出すのは、難易度はかなり高いものになります。

まずは、ストライクを狙うコツはストレートボールを狙うことが大事です。

  • 自分にあったボールを選ぶ
  • 毎回同じ立ち位置を決める
  • 助走を一定にすることを心がける
  • ボールと手は振り子のイメージで投球する

ここでポイントですが、スパットの狙う場所を決めて狙うピンに当てるとストライクを取れるようになります。

これを連続3回となるとブレが出たり集中力、緊張感、といった壁が出てくるので、練習をして慣れることが大事だと思います。

余談!私のターキー体験談の紹介

ここで私のボウリングでのターキー体験談をひとつご紹介します。

※私はプロではありません(^^♪

自身の最高得点は184点になります。
スペア、スペア、スペア、ストライク、ストライク、スペア、スペア、7、9という結果

惜しくもターキーとはいかなかったんですが、その敗因は、やはり最後は集中力が切れてしまうことです。

私はプロでもないので、ストレートボールしか投げれません。

しかし、ボールもマイボールではないので、ここまでのスコアが出るなら少し練習したら一般人の私でもターキーは狙えると思います!

マイシューズを履いて感覚を一定にすることも上達するコツになります!
ボーリングに行く頻度が高い方は、マイシューズを買って持っていたほうがお得でもあります。

 

 ボウリングでターキーを出すとスコアはどうなる?

ターキーを出すことを気にし始めたら、スコアを意識したほうがいいでしょう!

【基本的なボウリングの得点のつけ方】

  • フレーム1回目に倒したピンの数を左上の小さな枠に書く
  • 2回目に倒したピンの数を右上の小さな枠に書き入れる

この2回分の数字の合計がそのフレームの得点になります

点数は、前のフレームの数字に足しています。

【ターキーの得点の説明】

  • ストライクを出した時には、【10】の代わりに【X】を書く
  • 続く2投で倒したピンの本数10足した得点
  • 3回続けてストライクを出すと初めてストライクの得点が30(10+10+10)

ストライクを出した後には、その後2投を投げるまでは得点が確定しません

スペアを出した時には、フレームの右上の枠に【/】と書きます。

続く1投で倒したピンの本数に10を足した得点となります。

例えば、スペアの後7本倒した場合は、そのスペアの得点は17となります

注意したいのは、スペアを出した後は、その後1投を投げるまでは得点が確定しません

つまり、ストライクの後、スペアの後こそ、スコアを上げるチャンスになっています。

 

誰かがボウリングでターキーを出したときのリアクションは?

ボウリングのターキーはすごい?""

リアクションは決まってないのでどんな感じでもいいと思います。

投げるまでは静かにしていて、倒した後は一言声をかけてくれると嬉しいと思います。

ストライクだとハイタッチなどもありますね。

大勢で行った場合はでしたら、ターキーを出したら七面鳥をプレゼントっていうのも面白いと思います。

【なんで!?七面鳥なの?】ってなったら最初の由来を話すとまた盛り上がると思います。

もっとすごい?ターキー以上の呼び方のご説明

ボウリングのターキーはすごい?

実は、ターキー以上の呼び方があるのをご存じですか?

呼び方は1つではないみたいなのでこれまた雑学として盛り上がるので参考にしてみてくださいね!

  • 3連続=ターキー【トリプル】
  • 4連続=フォース【フォーバーガー】【ハムボーン】
  • 5連続=フィフス【ファイブバーガー】【ヤッツィー】
  • 6連続=シックスパック【シックスス】
  • 7連続=セブンパック【セブンス】
  • 8連続=エイトパック【エイトス】
  • 9連続=ナインススロー【ナインス】
  • 10連続=テンススロー【テンス】
  • 11連続=レイブンインアロー【イレブンス】
  • 12連続=パーフェクト

ボウリングでのターキーはすごいまとめ

ボウリングのターキーはすごい?気になる人に、ボウリングのターキーはすごい?ターキーの意味やコツなどを伝授!という記事を書きました!

ターキーを出すのは簡単じゃありませんが、練習したら狙うことが出来ると思います。

まずは、基本のフォームから練習をしてそこから投げるボールをストレートボールを練習しましょう。

また、カーブボールなどにした方がストライクを狙いやすいのでターキーに近づけるんじゃないかなと思います。

ぜひ、スコアも気にしながら楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nashichanをフォローする
スポンサーリンク
梨ちゃんの公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました