バツイチ男性が再婚しようと思った決め手は?必ず確認したい項目3選!

恋愛


今回はバツイチ男性が再婚しようと思った決め手は?必ず確認したい項目3選!について記事を書きます。

現在、日本の離婚率は35%前後であり、3人に1組の夫婦が離婚すると言われています。

いえば、一度離婚された方も珍しくありません。

とはいえ、好きな人が離婚という辛い経験をした人の中には、結婚に対してあまり良いイメージを持っていないかもしれません。

しかし、離婚経験があっても幸せな再婚をしている方も世の中にはたくさんいます

そして、”再婚して良かった”という男性も多いのではないでしょうか。

では、彼らがどのように再婚しようと思った決め手は何か考えていきましょう。

バツイチ男性が再婚を意識する瞬間3選

 

バツイチ男性の再婚の決め手1

 

バツイチ男性が再婚をしたいなと思うタイミングは何度も訪れます。

独身は自由とはいえ、人間ですから様々な感情を抱きます。

バツイチ男性に再婚を考えてもらうためには、そのタイミングと貴方のアピールかつ戦略が必要です。

では実際にどのような時に再婚を意識するのか見ていきましょう。

独身生活で寂しくなった

以前は家族がありましたので、静かな生活の中では一人の寂しさはより増します

また、独身生活を続けることで寂しさが増したり、自分の老後を考えてしまうときも、再婚を意識する大きなタイミングの一つです。

イベントの際に急激に特に寂しくなったりするものです

 

結婚、再婚者が自分の周りに増えた

周囲の環境の影響はとても大きいです。

友人の結婚や再婚話を聞き、自分も再婚したいと気が変わり婚活を始めるかもしれません。

また、親しい人が結婚や再婚などをして遊ぶ相手が居なくなると寂しくなることもあります

やはり周囲の環境の変化で自分の意志も変動していくものです。

子どもが欲しい又は子どもに母親が必要だと思った

バツイチ男性で子ども好きのひとはいます。

恋愛に懲りていたり、恐怖を覚えている方も中にはいますが根の部分で子どもが好きで生涯に自分の子どもに会いたい!

もしくは、親に孫の顔を見せたいと思っている方もいます。

孫の顔を見せることは最大の親孝行になると考えてることも多いです

一方、子どもに母親が必要だと感じたときも再婚を意識するきっかけになります。

親権が父親になり、母親がいないことで子どもが寂しい思いをしているのではないかと再婚を決意したという話もよく聞きます。

お子様がいるケースだと、子どもに母親が必要だと感じるバツイチ男性も世の中にたくさんいると認識してもよいでしょう。

 

バツイチ男性が再婚の前に必ず確認する項目

 

バツイチ男性の再婚の決め手2

バツイチ男性が再婚する前に、離婚の原因が何だったのかを再度確認しておきましょう

なお改善できるところは再婚前に直しておきましょう。

この恋愛をより良いご縁にするために、離婚の原因が何だったのか、一度考え直すことで改良すべき点に気付くこともあります。

過去を見つめ直すことは大変な作業ですが、同じ失敗を繰り返さないためにも離婚の原因と改善点を考えてみましょう。

バツイチ男性が再婚するための攻略法3選

 

バツイチ男性の再婚の決め手3

 

バツイチ男性が再婚するためのに大事なことは、バツイチであることを隠さず、婚姻歴の有無にこだわりのない相手を選ぶことです

また、バツイチということを経験値を積んでいると思ってくれる人も世の中にいますし、悩みを持っている方に貴方の経験が誰か救える場合もあります。

過去の失敗をスッテップアップととらえ、次は自分の求める理想の結婚生活を一緒に送れそうな相手を見つければ素敵な再婚をすることができると思います。

では、バツイチ男性が再婚するための攻略法3選について見ていきましょう。

離婚していることを隠してはいけない

バツイチ男性にやりがちなことですが、離婚歴を隠すことは絶対にやめましょう

婚活をしている方の中には初婚のお相手を求めている人もいます。

最初に事実を告白することで婚姻歴を気にしない相手だったら好印象を与えることができるかもしれません。

バツイチ男性が適している婚活方法を選択する

 

また、バツイチ男性が恋愛相手を探すときに、お相手の方が婚姻の有無を気にしない人と出会う確率の高い婚活方法を選択することをオススメします。

例えば、自分の諸事情を知っている友人や知人の紹介してもたったりましょう。

バツイチ公認の婚活サービスを利用することなどです。

先に相手に理解してもらうことで今後のトラブルも減らせるでしょう

再婚の条件を明確にしておく

 

自分の中のでの再婚の条件はできるだけ明確にしておきましょう。

なぜなら、最低限ゆずれない部分を相手に理解してもらえる可能性があるからです。

次の婚姻生活を大切にしたい気持ちはとても理解できます。

自分の欠点を明確にすることで同じ過ちを繰り返す可能性を低くできるかもしれません。

特に、自分の要素で離婚してしまった方は、過度な飲酒やギャンブル、暴力や借金、浮気など相手に正直に話すことも大事なことです。

自分の性格や長年の生活習慣など簡単に変えることができないです

しかし、それを許した上での付き合いを条件にできたら、再婚の確率もさらに上がります。

また、離婚理由に、互いの性格の違いだったとしても話すことで相手が理解してくれることもあります。

素直に話してみるとよい方向に話が向かう可能性もあり得ます

まとめ

 

厚生労働省の『平成28年度人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況』によると、婚姻数は減少傾向にありますが、夫婦のどちらかもしくは両方が再婚のカップルは増える傾向にあります。

なお、平成27年の初婚同士以外のカップルの割合は全国平均で26.8%でした。

こちらの調査は5年に一度行われているため、次回の結果では再婚者の割合が増えている可能性は十分にあります。

今回は”バツイチ男性が再婚しようと思った決め手は?必ず確認したい項目3選!”というテーマで記事を書きました。

バツイチ男性が再婚する際にポイントを抑えて婚活、恋愛をすれば必ず良縁に恵まれると思います。

素直に隠さず自分のことを受けい入れてくれるお相手に出会えることを願っています。

 

著者おススメ記事

長男と次女の相性は最高!兄弟構成でわかる恋愛傾向を徹底分析

モテる男の習い事・男子力UP!女子から人気の習い事ベスト3

好きな人が最近冷たい、職場の対応について・相手の本心は?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました