麦茶か水かどっちがいい?シーン別で変わる効果的な水分の取り方!

ライフスタイル


今回は、麦茶か水かどっちがいいか迷ったときは”麦茶か水かどっちがいい?シーン別で変わる効果的な水分の取り方!”という記事を書きます。

麦茶か水かどちらを飲めば体にいいだろうか。

と悩んだことはありますか?

実は、どちらを摂取したらいいのかではなく、それぞれによってより効果がある飲み方があります

あまり意識したことはないかもしれませんが、プチ情報として頭の片隅にあると飲み物選ぶ時の参考になるかもしれません。

 

水分補給に水を勧める理由

 

麦茶か水かどっちがいいか迷ったときに”麦茶か水かどっちがいい?1水には糖分も塩分も、カフェインも含まれていません

したがって飲み過ぎによるこれらの過剰摂取を心配する必要はないでしょう。

また、カロリーもありませんから、太ることもありませので水分補給には最適といわれています。

水の健康効果については、水を飲むことでのたくさんのメリットがあります。

  • 痩せやすい体質を作ってくれる
  • 血液をサラサラにしてくれる
  • 肌に潤いを保ってくれる
  • 食べすぎを抑制してくれる

などの効果が期待できると言われています。

水分補給にお茶を勧める理由

 

麦茶か水かどっちがいいか迷ったとき3に”麦茶か水かどっちがいい?

香ばしくて、飽きの来ないすっきりとした味わいの麦茶は、お茶の間の定番飲料です。

また、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などと異なり、カフェインが含まれていないことから赤ちゃんからお年寄りまで幅広い層の方に愛飲され続けています。

最近は、麦茶を飲むことで健康指数が向上するということからメディアで注目を集めています。

また、麦茶の香りの成分”アルキルピラジン”が血液サラサラ効果があります。

ノンカフェインで利尿作用のない麦茶は水分補給に特にオススメです。

そして、麦茶には抗酸化作用で生活習慣病の予防効果にも期待されています。

水か麦茶かどちらがいいのか判断する・シーン別3選

 

この時は水がいいのか、あるいは麦茶がいいのか時々迷いませんか?

麦茶か水かどっちがいいか迷ったときは麦茶か水かどっちがいい?シーン別で適正な選択方法があるので解説していきます。

この情報たちを頭の片隅に置いて頂いて、万が一、迷ったときはこの記事のことを思い出してくださいね!

赤ちゃんはいつから麦茶OK?

 

暑い季節、もしくは暖房の中で生活をしていると、”赤ちゃんにも水分補給したほうがいいのではないか?”と考えたことはありませんか?

それと同時に、いつ時期から麦茶を与えていいのか疑問に思いますよね。

基本的に、赤ちゃんには、生後1か月から麦茶を与えることができます

ちなみに離乳食を始める前の赤ちゃんに関しての情報ですが、母乳やミルクで十分な水分補給ができているため、無理に他の水分を与える必要はありません。

ですが、赤ちゃんでも水分補給は気になるものです。

生後1か月未満の場合は、白湯を冷ましたものや水を与えることを推奨します

薬を飲むときは麦茶がいいのか、水がいいのか

 

薬を飲むときには基本的に水もしくはぬるま湯が推奨されています

なぜなら、薬の成分によって効果に影響を与えてしまうものもあるからです。

しかし、抗生剤・咳止め・抗アレルギー剤などであれば麦茶で服用しても問題ないでしょう。

ちなみに、水の量ですが、コップ1杯(200㎖)以上で薬を服用することが基本になります。

そうすることで、薬が十分な水分に溶けて体に吸収されやすくなります。

また、水が少ないと、くすりが食道や胃、腸の粘膜にくっついて溶け出し、粘膜に炎症などのダメージを与える心配があります

したがって、薬を服用するときは水がよいです。

 

暑い夏・寒い冬は麦茶がいいの?水がいいの?

 

夏は大量に汗をかくので、水分不足と共に、ミネラル不足になりがちです。

とくに夏場や寒い時期には脱水症状には注意が必要です。

夏場は汗をかきますので積極的に水分補給をするでしょう。

しかし、寒い時期は水分すら摂ることを忘れがちですから脱水症状にならないように一層気にかけてほしいです。

麦茶には豊富にミネラル(ナトリウム、カリウム)が含まれています。 体から流れ出た水分やミネラル分を補うことができ、脱水症状対策に効果的です。

ですから、水分補給という意味では水よりも麦茶のほうが適しています

 

理想の1日あたりの水分摂取量

 

麦茶か水かどっちがいいか迷ったときに”麦茶か水かどっちがいい?2

 

理想の1日当たりの水分量は、生活活動レベルが低い人の場合は 1日2.3リットルから2.5 リットル程度必要です。

生活活動レベルが高い人の場合で1日3.3リットルから3.5 リットル程度必要と推定されています 。

残念ながら、私たち日本人の70%が水分不足であり、1日の必要水分量を摂取できていないそうです。

身体が一度に吸収できる水分の量は、200~250mlだと言われています。

意識しないと摂取できない量なのですが、

例えば、1時間にコップ1杯飲んでみようとか、作業の合間にコップ1杯飲んでおこうということが大事になってくると思います。

麦茶でも水でもよろしいので健康指数を向上するためにも是非飲んでみましょう!

 

まとめ

厚生労働省の公式ホームページにも、「健康のため水を飲もう」推進運動として、水分について大きく取り上げていました。

出典:厚生労働省公式ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

 

今回は、”麦茶か水かどっちがいい?シーン別で変麦茶か水かどっちがいいか迷ったときわる効果的な水分の取り方!”というテーマで記事を書きました。

麦茶か水かどっちがいいか迷ったときは麦茶か水かを選択するにはシーン別で考えて頂くことが重要です

改めて考えてみると、1日の理想の水分量を摂取することでメリットもたくさんありましたよね。

さらに、水分補給はとても大切なことなのです。

したがって、健康の為にこれからも意識して積極的に麦茶や水を飲んでみてください。

 

著者オススメの記事

いらないものを捨てるだけで魔法の効果が表れる?今日から始める断捨離術!

付き合う前のデートの場所の決め方・最高のデートプランニングの方法 

長男と次女の相性は最高!兄弟構成でわかる恋愛傾向を徹底分析

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました