宇宙飛行士の年収は低い?驚愕の年収と倍率・応募方法まとめ

ライフスタイル

宇宙飛行士の年収は低い?と感じたことがある方に、宇宙飛行士の年収は低い?驚愕の年収と倍率・応募方法まとめという記事を書きます。

宇宙飛行士の年収は、NASAの宇宙飛行士は年収600〜800万JAXAの宇宙飛行士は年収800~1000万円と言われています。

あんなリスクを背負ってそれだけ?と感じる人も多いかもしれません。

日本の最新の宇宙飛行士候補者選抜の募集要項には、初任給は大卒30歳で約32万円、大卒35歳で約38万円と記載がありました。

基本的な考え方として、給料は国家公務員と考え方は同じです。

宇宙航空研究開発機構のスタッフとして支払われ、宇宙飛行士としての特殊任務手当てがつくそうです!

命がけの割に宇宙飛行士の年収は低い?

宇宙飛行士の年収は低い

日本の最新の宇宙飛行士候補者選抜の募集要項には、初任給は大卒30歳で約32万円、大卒35歳で約38万円、年2回のボーナス有と記載がありました。

しかし、宇宙に行けたという事実はプライスかもしれません。

宇宙飛行士の年収と一般年収との比較

宇宙飛行士の年収は低い

 

NASAの宇宙飛行士は年収600〜800万JAXAの宇宙飛行士は年収800~1000万円。

30代の大学あるいは大学院を卒業した人の平均年収は、463.9万円です。

35代の大学あるいは大学院を卒業した人の平均年収は、558万円です。

したがって、命がけなのに宇宙飛行士の年収が安いと思うかもしれませんが、一般的よりは高いということになります。

しかし、数字以上のことがあるので価値観によって宇宙飛行士の年収が安いか高いかが決まります。

宇宙飛行士の倍率は?

宇宙飛行士の年収は安い

宇宙飛行士の倍率は、その年によって変動し合格率1%未満という狭き門。

JAXAの場合の宇宙飛行士の倍率

  • 1998年に実施された採用試験では、864人の応募者に対して、合格したのは3人(合格率は0.3%)
  • 2008年に実施された採用試験では、963人の応募者に対して、合格したのは3人(合格率は0.3%)
  • 2021年に募集された試験では、過去の試験よりも圧倒的に多い4127人が応募(現在試験中)

具体的な採用人数は明らかにされていませんが、1回の試験で4人以上の宇宙飛行士が採用された例はありません

NASAの場合の宇宙飛行士の倍率

  • 2011年に実施された採用試験では、6300人の応募者に対して、合格も宇宙飛行士の募集したのは8人
  • 2016年実施された採用試験では、1万8300人の応募者に対して合格した人は12人

ハーバード大学に入るよりも74倍難しいと言われる厳しい審査プロセスが待っていると言われています。

宇宙飛行士のJAXA応募方法

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士候補者の募集に応募します。

数年に1度一般公募があり、条件が合えば応募できます。

応募条件としては、理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部など自然科学系の大学を卒業していることです。

自然科学系の研究、設計、開発などの実務経験を3年以上持つ40歳程度までの日本人であること。

身長・血圧・視力・色神・聴力などの医学的特性や、協調性、適応性、情緒安定性などの心理学的特性、英語能力証明書類、所属機関からの推薦なども必要です。

宇宙飛行士の年収は低い?まとめ

宇宙飛行士の年収は低い?と感じたことがある方に、宇宙飛行士の年収は低い?驚愕の年収と倍率・応募方法まとめという記事を書きました。

宇宙飛行士の年収は低いと言われればそうかもしれませんが、一般の大卒よりは多いですが感覚はひとそれぞれなので低いか高いかは人それぞれ。

宇宙飛行士になるにはとても狭き門で宇宙に行けることがプライスなので他のものと比べることができません。

宇宙飛行士になるチャンスは数年に1回チャンスがあるので興味のある人はぜひトライしてみてください!

お金以上の価値があると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました